Excelを導入しよう!無料で導入する方法

Excelとは表計算ソフトの一種で、有名なものにMicrosoft Excelがあります。

表計算ソフトという名前の通り、「表を作成して計算する」ことが主な目的ですが、グラフの作成や画像ファイルの加工等、その用途は多岐にわたります。ビジネスシーンに限らず、研究やプライベートシーンにも広く使用されており、その活用法をマスターすればデスクワーク等の作業効率が格段にアップすることでしょう!

本項では、そんなExcelの導入方法を紹介します。無料で導入する方法も紹介します。

Microsoft Office

最も一般的な表計算ソフトです。

Microsoft Officeは、Microsoftが発表している定番のオフィスソフトであり、Excelはその中の一部である表計算ソフトです。

様々な利用形式がありますが、その中には無料で問題なく使えるものあります。見ていきましょう。

Excel Online

無料で作成できるMicrosoftアカウントと、インターネット環境があれば誰でも無料に使えるソフトです。ファイルの作成や編集をはじめ、共有することにも長けています。

デメリットとしては、オフライン作業できないこと、マクロ等一部機能が制限されています。

メリット:無料

デメリット:オフラインでは使えない

https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/free-office-online-for-the-web

アプリ版のExcel

スマートフォンアプリのExcelです。Android版とiOS版があります。

基本機能はPC版のOfficeと変わらりません。閲覧はもちろん、ファイルの編集や共有も自由にできます。有料のサブスクリプションサービスに課金すると、さらに上級機能も使えるようになります。

Android

Microsoft Excel(Android版)
Microsoft Excel(Android版)

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.office.excel&hl=ja

iOS

https://apps.apple.com/jp/app/microsoft-excel/id586683407

Microsoft 365

無料というと少し語弊があるかもしれませんが、Microsoft 365の無償期間であれば使うこともできます。私はこれを使っています。

Microsoft Office(最新版はMicrosoft Office 2019)とMicrosoft 365があり、前者は一括購入、後者はサブスクリプション方式で月額、あるいは年額方式で利用できます。

メリット:オフラインでファイル管理が可能

デメリット:有料

https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/buy/compare-all-microsoft-365-products?

Microsoft Office以外の表計算ソフト

Microsoft Office以外の企業も表計算ソフトを発表しており、多くのソフトが無料で使用できます。Microsoft Officeとの互換性が高いのも魅力です。

メリット:無料

デメリット:Microsoft Officeとの互換性が必ずしも高くない

Google 「スプレッドシート」

Googleが発表している表計算ソフトです。

Google Chrome等のブラウザを通してオンライン上で無料で使用できます。詳細な機能はMicrosoft Officeに劣りますが、プライベートシーンで活用するのみであれば、Googleスプレッドシートでも十分でしょう。

https://www.google.com/intl/ja_jp/sheets/about/

Apache OpenOffice「Calc」

現在はApacheが発表しているオープンソースの表計算ソフトです。

オフラインでもファイルの管理が出来ます。また、Microsoft Officeとの互換性も高いのが特長です。

https://www.openoffice.org/ja/

おわりに

表計算ソフトはMicrosoft Officeが最も有名ですが、無料でも様々なサービスを使用することができます。

自分の用途に合わせてうまくサービスを利用しましょう。

脚注

2020/07/13

yoshi-kky

コメントを残す