ROUND関数で端数をうまく処理しよう!/四捨五入/切り捨て/切り上げ

経理業に役立つExcel術。ROUND関数で端数をうまく処理しよう!

ROUND関数とは

ROUND関数とは、指定した桁数未満の数値の扱いを取り決めるExcelの関数です。

ROUND()、ROUNDUP()、ROUNDDOWN()の三種類があります。順にみていきましょう。

ROUND関数サンプル
ROUND関数サンプル

ROUND-四捨五入-

数式:=ROUND(数値,桁数)

例えば、3.1415という数値を小数点未満四捨五入したい場合は、

=ROUND(3.1415,0)

と入力します。

計算結果は3となります。

ROUNDDOWN-切り捨て-

数式:=ROUNDDOWN(数値,桁数)

例えば、3.1415という数値を小数点2桁未満を切り上げたい時は、

数式:=ROUNDDOWN(3.1415,2)

と入力します。

計算結果は3.14となります。小数3桁の「1」が切り捨てられていますね。

ROUNDUP-切り上げ-

数式:=ROUNDUP(数値,桁数)

例えば、3.1415という数値を小数点2桁未満を切り上げたい時は、

数式:=ROUNDUP(3.1415,2)

と入力します。

計算結果は3.15となります。小数3桁の「1」が切り上げられていますね。

実例

下記にROUND関数の実例を示します。今回は切り捨て、ROUNDDOWN関数のケースで見てみましょう。

ROUNDDOWN関数は、料率計算で端数切捨てとなるケースに便利です。

今回のケースは、売上金額を振り込む際に、売上金額の3%を手数料として差引くというケースで見てみましょう。契約条件で小数点未満は切り捨てとする、と規定しているものとします。

実例:料率計算の小数点端数の取り扱い
実例:料率計算の小数点端数の取り扱い

まとめ

端数の計算は些細なことですが、契約条件等で明確にしておかないと、料金計算の時に「1円合わない!」となりがちです。

普段から小数点未満の端数にも目を向けるためにも、料率計算をする際にはROUND関数を意識して使用すると、後々トラブルになることが少なくなるでしょう。

脚注

2020/08/11

yoshi-kky

コメントを残す