経費精算を楽にする方法

あなたの業務において、経費精算で手間がかかって、困っていることはありませんか?クラウド型の経費精算ツールを使って、普段の経費精算業務を自動化して楽にしましょう!

経費精算を楽にする方法

会社の事業活動に必要な経費の精算。一般的に、社員の経費精算を承認者が承認し、経理担当者が伝票を切って支払いを行うというフローになります。

多数の人が精算処理に関わるため、意思疎通がうまくいかないケースが多く、頭を抱えている担当者も多いのではないでしょうか。

また、会社に来て承認を得なくてはならないなど、テレワークなどで物理的に業務の障害になるケースも増えています。

申請者(担当)のお悩み

経費申請に必要なルールが多く、申請が面倒。入力事項が多く、申請に手間がかかる。

承認者(管理者)のお悩み

申請のチェックに必要なルールの確認が多く、承認に手間がかかる。

経理担当者のお悩み

勘定科目への振替が大変。経費の入力者への振込が面倒。

経費精算ツール

こんな経費精算のお悩み解決に、便利なツールを紹介します。

クラウドで始められるため、初期費用もリーズナブルに導入することができます。

楽楽精算

・交通費ICカードが内蔵されているため、交通費の精算も楽に行えます!
・領収書(レシート)の読み取り機能で、面倒だった読み取り作業が楽に行える!

経費申請されたデータがそのまま仕訳として入力されるため、記帳の手間が大きく軽減!また、振込データを登録することにより、振込作業も大幅に軽減できます!

Money Forward クラウド

経費・請求・給与など面倒なバックオフィス業務をこれ一本で自動化できます。

交通ICカードの読み取り、レシートの読み取りなど、普段の業務で自動化できる部分はこのソフトで徹底的に自動化できます。

法人だけでなく、個人事業主にも対応しています。

脚注

2020/09/01

yoshi-kky

コメントを残す