WordPressでwp-config.phpを編集する方法

はじめに

WordPressが重いので諸々の最適化をいじくっていたところ、W3 Total Cache というプラグインを使っているのですが

Wordpressでwp-config.phpを編集する方法

W3 Total Cache Error: Files and directories could not be automatically created to complete the installation.

というエラーが出たので原因調査したので、それの備忘録とかです。

Terapadで編集

htmlとかのコードの編集は面倒だからWindowsのメモ帳でやっちゃってますが、文字化けするから既定の編集ソフト使えと言われたので、Terapadを使って編集しました。

文字コードを確実に保存するためですね。

Wordpressでwp-config.phpを編集する方法

FFFTPでアップロード

で、FFFTPでエラーが出ました。

Wordpressでwp-config.phpを編集する方法

デフォルトで、書き込み権限が付与されていないので、付与してやります。

FFFTPでやるのが早いので、FFFTPの管理画面上でアップロード側のサーバーにあるファイルを右クリックして属性変更をクリックします。

Wordpressでwp-config.phpを編集する方法

デフォルトでは、「呼出」のみの属性400になっているので、書込のところにチェックを入れて属性600に変更します。

Wordpressでwp-config.phpを編集する方法
Wordpressでwp-config.phpを編集する方法

すると、編集したファイルがアップロードできました!更新日付が作業日(6月11日)になっているので、これで確認できますね。

Wordpressでwp-config.phpを編集する方法

ちなみに

ロリポップ等のレンタルサーバーでは、FFFTPソフトを使わなくてもブラウザ上のFTPツールで完結することもできます。

wp-config.phpはWordpressをインストールした先の一番上の階層にあります。

それをクリックしたら以下のような画面になるので、右の書き込みってところにチェック入れて保存すると同じことができます。

Wordpressでwp-config.phpを編集する方法

外部リンク

TeraPad 公式サイト

https://tera-net.com/

FFFTPプロジェクト

https://ja.osdn.net/projects/ffftp/

脚注

2020/06/11

yoshi-kky

コメントを残す