フリーランスが青色決算申告書を作るには?

年が明けて、時は1月中旬。気付いたら確定申告の時期が迫っています。フリーランスが確定申告をするにはどんなことに気を付ければいいでしょうか。本項では、個人事業主の方向けに確定申告の概略を解説していきます。

2021年の確定申告時期は?

確定申告

確定申告とは、所得および所得税を計算するために、前年の1月1日~12月31日の収入・支出などを税務署に報告するものです。

2021年度の確定申告は2021年2月15日~3月15日と予定されています。昨年(2020年)はコロナ禍による特例で4月16日まで延期されていましたが、今年は例年通り1ヶ月の予定です。

今年の確定申告の期間もコロナ禍による状況で変動する可能性は否定できません。期限ギリギリになって慌てることがないように、スケジュールに余裕をもっていきましょう。

個人事業主と確定申告

確定申告

個人事業主やフリーランスが確定申告をする際は、どのようなことに注意すればいいでしょうか。

個人事業主は事業の成果として収入を得るため、「事業所得」として申告する必要があります。また、サラリーマンが副業として所得を得る場合も事業所得として確定申告を行う必要があります。

確定申告を行う義務があるのは20万円以上の事業所得がある場合です。しかし、確定申告を行うことで所得の控除を受けられるなど、税制面で様々な優遇処置を受けられます。確定申告の義務がない場合でも、積極的に確定申告をしていくのがおすすめです。

また、帳簿を管理することで事業の収支を把握することも可能です。事業所得がある個人事業主は、節税効果を最大限に受けるために確定申告をするべきでしょう。

フリーランスが確定申告をするメリット
・節税効果がある
・事業の収支を管理できる

確定申告に必要なもの

確定申告を行うには、主に以下のものが必要になります。期日になって慌てることがないように、あらかじめ準備をしておきましょう。

・本人確認書類(マイナンバーカード
・印鑑
・金融機関の口座番号
・所得を証明できる書類(青色申告決算書

青色申告決算書の作り方

確定申告

青色決算申告書とは、確定申告を青色申告により行うために必要なものです。青色申告をすることで、最大で65万円の控除を受けられるなど、税制面で大きなメリットがあります。

青色決算申告書には、一年間の売上や費用などを細かに記載する必要があります。日頃から帳簿をつける習慣をつけておくことが重要です。

帳簿をつけておくことは、事業の成績を確認する意味でも重要な手順になります。個人事業主やフリーランスは確定申告を機会に帳簿をつけてみましょう。

e-taxで確定申告を行う

確定申告

e-taxで確定申告を行うことで、税務署に行かずとも確定申告を完結することができます。

特にコロナ禍による情勢では、人混みを避けるためにも極力在宅で完結させたいところです。

帳簿を電子データで保存することにより、Web上で確定申告が完結することが可能です。

Web上で確定申告を行う際は、e-tax(国税電子申告・納税システム)を活用しましょう。e-taxでは複雑な確定申告を楽に申請することができます。

外部リンク:e-tax https://www.e-tax.nta.go.jp/

帳簿をつけるには?

ソリマチ社の「みんなの青色申告」では会計や税務に詳しくない方でも簡単に確定申告ができるようサポートしてくれます。

使い方は簡単で、銀行のカードやクレジットカードを登録することで、AIなどの仕組みで自動的に会計帳簿に入力してくれるのです。複雑な簿記の知識を知らなくても申告書を作成することができるので、忙しい個人事業主やフリーランスの味方です。

「みんなの青色申告」には決算や申告なども行えるサービスがついています。「確定申告をしなければいけないけど、簿記の知識が不安…」というフリーランスは、是非「みんなの青色申告」を活用してみてください。

「みんなの青色申告」かんたん!なのにしっかり会計

おわりに

確定申告は面倒な手続きかもしれませんが、事業所得を得るフリーランスとしては切っても切り離せない手続きです。

フリーランスは確定申告をすることで節税効果があるなどのメリットがあります。「みんなの青色申告」などのツールを使えば、複雑な簿記の仕組みを知らなくても簡単に確定申告の書類を作成することが可能です。

脚注

2021/01/19

yoshi-kky

コメントを残す